FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌える衣装ランキング☆

どうも~☆病み上がりです( ;∀;)
病気になると性欲が低下するのか
まったくストーリーが思いつきません!( ;∀;)笑

なので今回は気分を変えて
萌える衣装ランキング(女性キー編)をやります~☆

スパはシチュエーションも大事だけど
キャラクターが着ている服も大事ですよね!
特に女の子の服!(*'▽')

そこで、色々妄想した中で個人的に好きなものを
イラストにしてみました☆

第一位は!ピンクレンジャー!!

顔は見えないのにおしり丸出しってところが好きで
何度も妄想しました濡れました!

2014-05-27 01.51.22

理想シチュは
めちゃくちゃ強いショッカーが
他の男レンジャーをバッタバッタ倒して
ピンクレンジャーが一人だけ残る

ピンクレンジャーは苦境に奮い立ち
「かかってきなさい!」と戦闘態勢をとる

しかしショッカーは意気込むピンクレンジャーを
ひょいっと抱え上げおしりを丸出しにさせ

「はいはいっ!ピンクちゃんにはぺんぺんしましょーねー!」

他の男レンジャーとはパンチキックで戦ってたのに
女相手にはおしりぺんぺんで十分だ!…みたいな

そして最後に無理やりマスクをはぎとって
泣き顔を晒す

黄レンジャーとか緑レンジャーとかに
ピンクレンジャーの泣き顔を見せつけて
「ほーら、お友達がペンペンされちゃってるよーw」
とイジメながらパン!パン!と叩く

2014-05-27 01.50.52

読んでくれてありがとうです(^◇^)
またお会いしましょう☆
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

どS☆しずかちゃんの逆襲

初めての二次創作が
まさかのドラえもんです

風邪をひいてしまったので
更新停滞しそうです…

またお会いしましょう~( ;∀;)

2014-05-17 16.27.00 (1)

2014-05-17 16.26.21


これはのび太が大人になったときのお話…

勉強ができないのび太は
就職につけず恋愛もできずヒマを持てあまし
毎日自慰行為に明け暮れていました

のび太「ドラえも~ん!
またムラムラしてきちゃったよ~
なんか道具出して~」

ドラ「しょうがないなぁのび太くん(ゴソゴソ…)
はい、通り抜けフープ!」

のび太「わぁ!ありがとう!
そうそう、これでしずかちゃん家に忍び込んで
お風呂をのぞける!

って…あれ?この通り抜けフープ、
ヒビが入ってるよ!故障してるのかな?」

ドラ「使いすぎて古くなってしまったんだ
機能的にはたぶん大丈夫だと思うけど念のため
通り抜けるときは足元からそおっと入るんだよ」

のび太「はーい!
じゃあ壁に貼って
足元からそおっと…

ん?!」

のび太が下半身だけ通り抜けた瞬間
フープが「ブ…ブ…ブウーン!!」と怪しくうなりました
そして突然ギュっと縮んでのび太の体を締め付けました!

のび太「うわぁぁぁ
な、なんだよこれ?!
体が前にも後ろにも動かせない!
これじゃあぼくの下半身だけ
しずかちゃん家に行っちゃってるぞ!」

「キャーッ!
壁からおしりが生えてる!!」

の び太「そ、その声はしずかちゃん?!
しずかちゃんが僕の体を見つけたんだ!」

しずか「その声はのび太さん?!
これはのび太さんのおしりなの?!」

のび太「そうなんだ!
しずかちゃんの裸をのぞこうとして
通り抜けフープを使ったら
下半身だけそっちに行ってしまって…

アッ!余計なことを言っちゃった!」

しずか「な、なんですって?!
私の裸を…!(ブチッ)
のび太のエッチ!!」

バシィッ!!

しずかは怒りにまかせて
壁から突き出たのび太のおしりを叩きました!

のびた「ぎゃぁ!痛い!
ひどいじゃないかしずかちゃん!」

しずか「ひどいのはのび太よ
いつも私をいやらしい目で見てセクハラばかり!
今日と いう今日は許さないわよ!

もう二度とエッチなことをしないように
たっぷりおしりペンペンしてやるわ!!!!」

そういうとしずかちゃんは
のび太のズボンとパンツを引きずりおろし
おしりを丸出しにさせてやりました

のびた「うわぁぁぁ!は、恥ずかしいよ~!
パンツ脱がさないで~おしり見ないで~!////

大好きなしずかちゃんにおしおきされるなんて…
恥ずかしくて死にそうぅぅわぁぁぁぁん!!!(泣)」

のび太は宙に浮いた足を必死にバタバタさせます!

しずか「おしおきを素直に受けられないなんて悪いおしりね!

ふん!おしおきがそんなに嫌なら逃げてみなさいよ!
一分間だけ待ってあげるわ!」

のび太「えっ!やった !
よおし!何が何でもここから抜け出すぞ~!」

のび太は平泳ぎをするように高速で空中を掻き
壁から抜け出そうとします!

その間しずかは冷たい微笑を浮かべ
丸出しおしりをしばらく放置!
のびたの報われない悪あがきを見下ろしていました
そして…

しずか「はい、一分経ちましたー

って、あっれー?
おしり全然逃げられてないよー?

この丸出しおしりちゃん
実はおしおきされたいのかな?
ん?違うの?

じゃーもっと頑張って動いてみなさいよ?
もっともがいてみなさいよ?

ほらほら早く逃げなきゃおしおきされちゃうよ!?
ほーらペンペン!おしりペンペン!」

ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!!!!

「あらあらペンペンされちゃってるよ!?
おしおきされちゃってるよ?!w」

ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!!!!

のび太「ぎゃぁっ!ぎゃぁっ!ぎゃぁっ!
うわぁぁん!しずかちゃんの意地悪ぅぅぅ!」

しずか「ふふ…子供みたいに泣いちゃって
少しは反省したかしら?おしりチェックしてあげるわ

…あら?!

これはどういうこと?!
どうしておちんちんをかたくしてるの?!」

のび太「げっ!や、やだやだやだぁぁ!
お願い見ないで~~~~!」

のび太は一番知られたくなかった秘密を指摘され
体中の血が逆流するような熱い羞恥心をおぼえました

そして すぐにおちんちんが見られないように
ギュッと足をかたく閉じました

しずか「コラッ!のび太!足を閉じるんじゃない!」

パンッ!パンッ!パンッ!パパパパンッ!!!!!

「ちゃんと足を開いて悪いおちんちんを見せなさいっ!
さもないとといつまでも叩き続けるわよっ!!!」

のび太「ひぃっ!ひぃっ!ご、ごめんなさぁぁい!
ひ、開くから!足開くから許してぇぇぇ」

のび太はかすかに足を開きました

しずか「そんなんじゃダメよ!

そうだ!さっきの平泳ぎをもう一度
スローモーションでやってみなさいよ!」

のび太「うう…」

のび太はおしりを叩かれたくない一心で
しずかの言うとおりにゆっくり平泳ぎを始めました
そしてぐっと足を最大限に開いたときに…

しずか「はい、ここでストップ」

カエルの足みたいに大きく開かれたその間から
ビンビンに勃起したおちんちんが丸見えになってしまいました

のび太「こんな格好恥ずかしいよぉぉ~!
もう許してくださいぃぃ!見ないでくださいぃぃ!」

カエルの足のまま必死に許しを乞うのび太

しずか「おしりペンペンされて勃起するなんて
全然反省してない証拠ね!
おしおきとしてこの恥ずかしい格好のまま
10分間じっとしてなさい!
少しでも動いたらペンペンだからね!」

のび太「じゅ、10分?!
そんなの無理だよぉ!恥ずかしくて死んじゃうよぉぉ!!
ぎゃぁぁんっ!」

ぱぁんっ!

しずか「コラッ!足がちょっと動いたわよ!
ちゃんと反省するために
おしおきポーズをしっかり維持して
恥ずかしいおちんちんを晒しなさい!」

のび太「うわぁぁん!もういやだぁぁ!」

でも、のび太の意志とは裏腹に
おちんちんはますますかたくなっていき
先っぽから精子が溢れ出ていました

おしりはヒリヒリと痛み
おちんちんはドクドクと脈を打ちます

しずか「あっ!今度はおちんちんが動いてる!
めっ!めっ!めっ!」

ぱぁぁんっ!ぱぁぁんっ!ぱぁぁんっ!

のび太「ぎゃっ!ぎゃっ!ぎゃっ!
あ~んごめんなさぁぁいっ!!

のび太は10分間カエルの足で動けないまま
おしりをイジメられ続けました☆彡
おしまい☆彡

おみこしおき!

2014-05-10 04.42.47


「ケガしたくなかったら
金をよこせ!」

ヤンキーの響きわたる怒声に
あたりは静まりかえりました

今日は楽しいお祭りの日…
小学生のたけしは浴衣姿で
友達と縁日小屋をまわっていたところを

中学生のヤンキーに
カツアゲにあってしまったのです

たけし「か、金なんて持ってねーよ!」

ヤンキー「うそつけ!
こんな高そうな浴衣を着て
どっかのボンボンなんだろ?!
しらばっくれるならいいさ
力ずくで金を奪ってやるーーー!」

ヤンキーが金欲しさに
たけしに襲い掛かりました!

たけし「う、うわぁぁ~やめろ~!」

ヤンキーはたけしの体に馬乗りになり
こぶしをふりあげました…!

その時!

「わーっしょい!わーっしょい!」

おみこしです!

参道の向こうから、
おみこしをかついだ男たちが
こちらにやってくるではありませんか!

さらによく見ると
御輿の上で楽し気に踊るハッピ姿の女が一人…!

たけしはその女の存在に気づいて叫びました!

「先生ーーー!!」

そう、女はたけしの担任教師
お祭り好きな大黒先生だったのです!

おみこしが止まると、
大黒先生はヤンキーをまっすぐに指さして言いました

「オーッホッホッホッホ!
新しい太鼓を見つけたわーーー!」

そう言うと大黒先生は御輿上からシュタッと飛び降りて
ヤンキーの体をひょいと持ち上げてしまったのです!

ヤンキーは大黒先生の怪腕に
お尻を突き出す形で抱え上げられ
パニックです!

ヤンキー「な、なにすんだよババア!はなせーーー!」

たけしはヤンキーの無抵抗なさまを見て生き返りました!

たけし「へへーん!ざまぁぁーみろ!
大黒先生につかまったら
泣いてもわめいても許されないぞ!

なんたって先生はいつも
悪ガキのおしりを太鼓代わりにたたいて
おしおきするんだから!」

大黒「オーッホッホッホ!
そうよ!悪ガキのおしりは御輿の上から町中に見せしめ丸出しペンペンよー!」

そう言いながらまた御輿上にのぼっていく大黒先生

「どれどれ、新しい太鼓はどんな音がするのかしらー?!」

群衆が息をのんで見守る中で
御輿の上に立った大黒先生は
ヤンキーのズボンとパンツを一気にずりおろしました!

ぷりんっ。

突き出された無防備な丸出しのお尻に
群衆から笑い声が漏れます

「ぷぷっw恥ずかしーーw」

そして息つくひまもなく
大黒先生の平手がお尻を打ち
「ぱぁんっ!」と痛快な音を町中に響かせました

ヤンキー「な、何すんだーーー!やめろーーー!////」

ヤンキーは公衆の面前で
おしおきを、しかもおしりペンペンを
受けている屈辱に耐えられず
必死になって暴れました

しかし暴れれば暴れるほど
開いた足のすき間から
お尻だけでなく性器も見えてしまいます…

大黒先生「オーッホッホッホ!
どんどん暴れてブザマな姿をさらしなさい!

悪ければ悪いおしりほどたたき甲斐があるってもんよ!
さぁ!アンタたち!掛け声を頼むわよ!」

御輿をかついだ男たちが
リズムに乗って揺れながら歩きだしました

「わーっしょい!わーっしょい!わーっしょい!」

大黒先生は掛け声に合わせて
ヤンキーのおしりを打ちならします!

「ぱぁん!ぱぁん!ぱぁん!ぱぁん!」

ヤンキー「ぎゃっ!痛ぇっ!ぎゃっ!痛ぇぇぇぇっ!!
お、俺はもう中学生だぞ~!!なめんじゃねぇぇ~!!(泣)」

お祭り男たちも盛り上がって掛け声をかけます!

「中学生も!ヤンキーも!関係ないぞ!
カツアゲ!おしりは!丸出し!ペンペン!
おみこし!おしおき!良い子になーれ!」

「ぱぁん!ぱぁん!ぱぁん!ぱぁん!」

ヤンキー「ひぃっ!ぎゃぁっ!あぁっ!あぁっ!
も、もうやめろ!やめてくれ~~~!!」

真っ赤に腫れあがったおしりを晒して泣きわめく
ヤンキーのあられもない姿を見て町の人は

「あらあら、あんなに泣いちゃってw
ヤンキーもおしり丸出しにしてペンペンすれば
みんな子供に帰るのねぇ」

「おみこしペンペンは効果抜群よ
ウチの子も去年やってもらって
よっぽど恥ずかしかったのか
おとなしくなったわw」

「あれだけおしり真っ赤にしてあげないと
反省しないのよね、最近の子は」

ヤンキー「ううっ…
す、好き勝手言いやがって~~~…」

低い声でうなるヤンキー

大黒「あーらこの楽器故障かしら?!
全然いい音鳴らないじゃないっ!!
もっと鳴きなさいっ!いい音鳴らしてっ!お祭り盛り上げるのよっ!」

大黒先生はさらに激しくペンペンします!

「ぱぁぁんっ!!!ぱぁぁんっ!!ぱぁぁんっ!!」

ヤンキー「ぎゃぁぁぁんっ!ぎゃぁぁぁんっ!!ぎゃぁぁぁぁんっ!!!」

大黒「オーッホッホッホ!
いい音出るじゃないっ!景気のいい大きな鳴き声だこと!」

すると先生は叩く手を止めて
ヤンキーにささやきました

「ふふふ…
さっきまでカツアゲしてた悪ガキが
みんなの前でいっぱいペンペンされて
赤ちゃんみたいに泣きじゃくるなんてねぇ…」

先生はヤンキーのおしりを優しくなでまわします

「悪いおしりはこんな恥ずかしい目にあうってこと
分かったかしら…?」

ヤンキー「は、はいぃ…!もう十分わかりまし…ぎゃぁぁぁんっ!!」

ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!ぱぁんっ!

大黒「オーッホッホッホ!アンタが分かってもダメよ!
これはアンタを見せしめに他の子供たちにも
お仕置きの怖さを教えているんだから!

ペンペン祭りはまだまだ続くわよーーーー!!」

こうしてヤンキーはたっぷりと
悪いおしりを弄ばれ…いや、
躾けられましたとさ*

あちゃー*

2014-05-09 16.39.48 (1)

いつも下書きのときは
パンツ描くんですが、
ペン入れするとき
結構忘れちゃいます|д゚)

やっぱりパンツあった方が
いいですよね…

私は下げかけのパンツより
足首までずるんといってる方が好きです!

次はF/mかきます!( ;∀;)
それではまた**

おしゃべり*

2014-05-03 23.23.53

男の人と話してるとたまに
下ネタをふられる時ありますよね

私はそれ全然平気だったりします
(もちろん多少嫌がるフリはしますが…)

でもこの前、バイトでミスした時、
店長♂が私に冗談っぽく
「これはお仕置きとして一時間掃除だな」
と言ってきたとき

私は動揺して上手く対応できませんでした

「お仕置き」なんて恥ずかしい言葉
よく平気で言えるなぁ…|д゚)と
店長の後姿をまじまじ見て思いましたw
(お前が言うなって感じですよね)

でも私は「おしおき」とか、「おしりペンペン」とか
人前では一度も口にしたことがないんです
というかできないんですよね

セックスは言えます
おしおきは言えません

私にとっちゃ「お仕置き」こそが真の下ネタなんですよ~
みんな下ネタ言ってることに気づいて!!って思いますw

ちなみにその日から
店長は私の妄想ペットになっちゃってます(笑

「お仕置きとしてお尻ペンペンだな」
「どうした?変な声出して感じてるのか?」
「こんなに濡らして悪い子だな」
「もっと叩いてやるからケツ突き出せよ」

なーんて責められたいなぁ~とか考えてたら
店長に会うたびに申し訳ない気持ちになってきた( ;∀;)

変態でごめんなさいw

それではまた☆彡
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あかね

Author:あかね
はじめまして!スパンキングのイラスト描いてます桃原あかねと申します!
まだまだ絵も表現もへたくそですが
よろしくおねがいします(*^_^*)***

※現在リクエストは受け付けておりません

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
*アクセス*
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。